カレンダー


06 ≪ 2018/07 ≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

たにリン

  • Author:たにリン
  • ご訪問ありがとうございます♪

    -簡単なデータ-
    12月23日生まれ AB型
    (生まれた年は違うけど
    えりりんと一緒です)

    -現在のマイブーム-
    THE IDOLM@STER

    SPからはまってます♪
    後に360版も本体と一緒に購入
    こっちもぼちぼち頑張ってます

    キャラはみんな好きですが特に
    萩原雪歩ちゃん
    星井美希ちゃん
    高槻やよいちゃん
    四条貴音ちゃん
    がお気に入りキャラです

    -etc-
    モーニング娘。
    特に新垣里沙さん[1推し]
    亀井絵里さん
    道重さゆみさん
    光井愛佳さん
    を応援しています

    声優さんは特に
    水樹奈々さん
    釘宮理恵さん
    長谷川明子さん
    鹿野優以さん
    を応援しています


    何かありましたら
    コメントか拍手でお願いします

フリーエリア

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/09

「GAKI・KAME」 第18回 8/4放送分

今回も始めに「ところでガキさん」的にえりりんが里沙ちゃんに8月に入り秋のファッションをそろそろ考える時期じゃないですか?何かあります?と聞きました。
けど里沙ちゃんは8月のファッションについて話し始めました…。夏は明るい色を着たくなるそうです。
えりりんは秋のファッションについては「インターナショナル」と一言。
それを聞き里沙ちゃんは「よくそういうこと言うよね~。何なの?そのさ、意味わかってないのにそうやって言うでしょ。何なの?じゃあその『インターナショナル』な亀井絵里の…ファッション的には…」と聞きます。
えりりんは「日本にとどまらないってことですよ。…ですよね?」と里沙ちゃんに答えながらもスタッフにも聞いてます。
里沙ちゃんは「じゃあどこで…じゃあどこでお買い物すんのよぉ~。日本でしょうがぁ~。」と言うと、えりりんは「日本なんですけど~、あの~ほらいろいろ雑誌とか見てチェックするんですよ。」と答えました。
「じゃあ今日の服はちなみに…、何をコンセプトに着たわけ?」と里沙ちゃんが聞くと、「えっ?今日はちょっと手抜いた(笑)」と答えました。
ラジオということで手を抜いていたようです…。里沙ちゃんはえりりんに始めのころはラジオでも可愛い服を着て来てたのにと言うと、えりりんは「ありのままの姿を見てもらおうと思って…」と言い訳ともとれる答え方をしました。
ちなみにえりりんの服はボーダーのぽっこり?だそうです…。えりりんは『ぽっこり』に反応し、ぽっこり型なんてないと言うと、「バルーン?」と聞きます。
えりりんは大笑いし「ほんとに!?昭和ですね…。」と一言。里沙ちゃんは「最近『昭和昭和』って言うのやめてくれる、私のこと!?あなただって昭和なんだから!」とお怒りです。
正解は「パフスリーブ」です。でも里沙ちゃん知らなかったんですかね?一番ファッションに詳しいころだと思うのですが…。
ちなみにさゆみんにも『昭和』と言われたそうです…。確かに里沙ちゃんは「ハロモニ。」や「ハロモニ@」などのリアクションが古いと思うときが個人的にあります(笑)
メンバーも薄々気づいてたのかな…。
ここでメールを読み「不公平」という話題へ…。里沙ちゃんはえりりんと同い年なのに年上に見られがちで、「亀ちゃんだから仕方ないよね」というような場面でも、里沙ちゃんなら「いや、もうちょっとそこはやろうよ」という扱いに多少不公平を感じるそうです。
そしていきなり次のコーナー限定でえりりんが進行をすることになりました。

ここで曲がかかり、その後は相談メールのコーナーです。
えりりんはいきなりいっぱいいっぱいになってます…。「どこで息をしたらいいかわかんなくなるんですね」と言うと、「それなのにね、カメはねいっつもね『では』とか途中で入ってくるんだからね」とこっちはいつも苦労してるんだよと言わんばかりの返答でした。
1通目は「どうしたら物事を忘れなくなりますか?」というような内容のメール。
里沙ちゃんはえりりんに「この気持ちよくわかるね」と言うと、「わかる…、イタイほどわかる…」と答えました。
里沙ちゃんは「日記を書くとか?」とアドバイス。えりりんも「それでいいと思うよ」とあっさり。里沙ちゃんは「まとめてよ~っ!」とツッコみました。
えりりんも忘れっぽいらしいですが、それは里沙ちゃんがえりりんは人の話を聞いてないからだと言いました。さゆみんもここに連れてきてこのことを言いたいとまで言いました。
えりりんは「私みたいにならないように…、日記を書いてちゃんと日々何をしたか何を食べたか、どういう気持ちにいったか……ここ引き伸ばしすぎですね?」と言うと、「ハハハッ(笑) ほんとだよ早く次行って!」と里沙ちゃんが答えました。
ということで結論は「頑張ってください」の一言でした…。里沙ちゃんも「ハハハッ(笑) 最悪っ!頑張ってくださいで終わっちゃったの?」と言いました。
2通目のメールからジュンジュン・リンリンとのコミュニケーションの話題へ…。
里沙ちゃんはジェスチャーで話すことが増えたそうです。そしてえりりんがなかなかいいことを言っている最中に里沙ちゃんのあることに気づきました。
「ガキさん!人が話してる時に落書きしないでもらっていいですか!?」と前回とは逆の展開が!
里沙ちゃんは「ね、イヤでしょ?これわざとやったんだよ~♪(笑)」と答えました。えりりんは「え~っ!?確信犯だ!絵里今まで『確信犯』って言葉をちゃんとした時に使えたことがなかったんですよ。…今ちゃんと『確信犯』って使い方あってますよね?」と言いました。
すると里沙ちゃんは「ねぇ、いっつもカメこうやってやってるんだよ。人が一生懸命『~~で』って言ってるときにこうやって落書きしてんだからね。」と学校の先生が叱るかのようにえりりんに言うと、えりりんは「そういうことなんていうか知ってます?話の腰を折るって言うんですよ。」と答えました。
里沙ちゃんは「だからそれをいつもしてるんですよ!」と結局はえりりんが負けという形に…。
相談メールの告知の時にえりりんは「あなたの相談をお待ちしています。ガキさんがその場しのぎの発言をしても、私は真剣にお答えしま~す♪」と言うと、里沙ちゃんは「ちょっと~っ!そこだけ変えないでくれる~っ!」とお怒りです。

ここで曲がかかり、その後は「BE ポジティブ」のコーナーです。
ここからは里沙ちゃんが再び進行をします。ここでえりりんに進行をした感想を聞くと、えりりん的には普通だったそうです。逆に里沙ちゃんはヒヤヒヤもんだったそうです…。
1通目のメールは「(中略)真面目な新垣さん、どのようにして眠気を覚ませばいいのでしょうか?いつも楽しいキャメイさん、どうすれば注意されてもポジティブになれるでしょうか(笑)」というような内容のメール。
えりりんは「(笑)て、ゆ~かそんなの絵里わかんないですよ、そんな気持ち」と反論しました。
里沙ちゃんは「あのさ、『いつも楽しいキャメイさん』って言ってくれてるけど、『どうすれば注意されても』って注意されてる前提で言ってるからね」と一言。
えりりんは学生時代、授業中に眠くなったら友達と手紙のやり取りをしていたそうです。それを聞いて里沙ちゃんは「そりゃそうでしょが~、楽しいことしてんだも~ん。」とすこしお叱りモード。
えりりんは「何かすればいいんですよ」とアドバイスをすると、里沙ちゃんは「先生の話を聞いてないってこと?」と聞くと、「えっと…、聞きながら両立するんですよ。聞きながらお手紙もする、友情もちゃんと獲得する…、でも授業もちゃんと獲得する。」と答えました。
里沙ちゃんは「そうやってカメは授業の時はお手紙やるけど、一回交換ノーとやったことあるんですよ。大分昔ね。……カメで止まるからね、絶対!」と言うと、「そ、その話題は…(汗)」とえりりんは気まずそうです…。
里沙ちゃんは続けて「これさゆみんともそうだったでしょ?ね?何が友情を獲得するなの!?なんでそうやってヘッドホン取っちゃうの!?」とお説教モードに突入。
えりりんは「取れちゃったんですよ…(汗)」と苦しい言い訳みたいに言うと、「ね?ほんとに…。何が友情を獲得するなの?」と再び迫られました。
好感ノートの話題といえば2006年最後の「ハロモニ。」で少し話題になってましたね~。確かえりりんはさゆみんとの交換ノートは、ノート自体をなくしたはず…(汗)
さて話は戻りえりりんは「どうしたらいいんですかね?怒られてもポジティブでしょ~?」と聞くと、里沙ちゃんも「怒られてもポジティブになれる~?」と聞き返しました。
えりりんは「怒られてもポジティブってことは、真剣に受け止めないってことじゃないと…」と言うと、里沙ちゃんはこれに関しては小春ちゃんに聞いたほうがいいと答えました。
里沙ちゃんは「真面目な新垣さん」と書いてもらってとても嬉しいのですが、怒られると結構悩むタイプだそうです。
それに引き換え小春ちゃんは「右から左へ抜けちゃう」みたいです。ある意味すばらしいとまで言っていました。
逆にそれが小春ちゃんのいいところなのかもしれませんね。
里沙ちゃんのアドバイスとしては、里沙ちゃんは先生の書いてること・言ってることをメモにとっていて、メモしてると眠ないですむということでした。
えりりんは「えっ、でも~書きながら何かどんどん字が薄くなってってなんか斜めになってることありません?」と聞くと、「あっ!そういうこともある!」と里沙ちゃんは答えました。
「それで後から見返したら『ほえ~』みたいな…」とえりりんが言うと、里沙ちゃんも「あるある。」と答えました。

EDで「今思うと恥ずかしい小さい頃の勘違いや思い違いがありますか?」というような内容のメール。
里沙ちゃんは「夜に口笛を吹くと蛇が出る」と信じていたようです。ある時の夜、次の日がリコーダーのテストで練習をどうしてもしなくちゃならなかった時にすごい小さい音で練習したものの、怖くなってお母さんのところに「大丈夫かな~?笛吹いちゃったんだけど…」と行ったそうです。
…この時里沙ちゃんは「ママ」じゃなく「お母さん」って言いました。珍しいですね~。
話は戻りえりりんはレバ刺し、レバーが馬だと思っていたそうです。後々レバーは場所のことだと知ったようです。
これはえりりんのお父さんに聞いたと言っていました。

いやはや今回もとてもおもしろい放送でした♪また次回が楽しみです♪

Comments

Leave a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。